fbpx

バレエと学業の両立

『学業とバレエの両立は可能でしょうか』

小学生高学年〜学生の保護者のみなさんからよくある質問です。

できると思います。

生徒本人次第ではないでしょうか。

もともと生徒自身がもっている地頭、得意分野、資質、学業を学ぶスピード、理解度は個人差がありますが、時間の使い方、集中の仕方によって、両立は十分可能です。

正確に言えば、両立は必須です。
課外学習の範囲でクラシックバレエに取り組む生徒はもちろん、海外でプロフェッショナルやバレエ留学を目指す生徒についても、学力、進路についてしっかりと考えることが大切です。

時期によっては学業に重点を置く時期もあるでしょう。

バレエに必死に取り組みつづけることは素晴らしいことです。ただ、それイコール『学業の放棄』ではありません。

プロフェッショナルとして活動しながら、バレエ以外の分野を学ぶために欧米大学に通う、欧米大学(バレエ以外の専攻あるいは米国の場合はダブルメジャー制度)を卒業してから、プロフェッショナルの道に進むバレエダンサー。​ 引退後に欧米大学に入学するバレエダンサーはごく一般的です。

プロフェッショナルバレエダンサーになれるレベルにありながら、違う道を選択するバレエ学校の生徒。

引退後の人生の方が長いわけです。

スクールとしては、できるだけ学業と両立できるような形でバレエに取り組めるよう、随時相談に応じています。 ​『欧米でのプロフェッショナルなバレエ』と『日本的な習い事の延長上のバレエ』を混同して、間違った解釈をしてしまっている日本の保護者のみなさんがたくさんいます。

もっと確立された分野であること、世界にはインテリジェントなプロフェッショナルバレエダンサーがたくさんいることを十分理解しておきましょう。​​​​

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です