バレエと学業の両立

最終更新: 2月14日

『学業とバレエの両立は可能でしょうか』



小学生高学年〜学生の保護者のみなさんからよくある質問です。



可能です。



生徒本人次第ではないでしょうか。



もともと生徒自身がもっている得意分野、資質、(分野問わず)学ぶスピード、理解度は個人差がありますが、時間の使い方、集中の仕方によって、両立は十分可能です。



もっと正確に言えば、両立は必須です。


課外学習の範囲でクラシックバレエに取り組む生徒はもちろん、海外でプロフェッショナルやバレエ留学を目指す生徒についても、学力、進路についてしっかりと考えることが大切です。



バレエに必死に取り組みつづけることは素晴らしいことです。ただ、それイコール『学業の放棄』ではありません。



プロフェッショナルとして活動しながら、バレエ以外の分野を学ぶために欧米大学に通う、欧米大学(バレエ以外の専攻あるいは米国の場合はダブルメジャー制度)を卒業してから、プロフェッショナルの道に進むバレエダンサー。

引退後に欧米大学に入学するバレエダンサーはごく一般的です。



引退後の人生の方が長いわけです。

​『欧米でのプロフェッショナルなバレエ』と『日本的な習い事の延長上のバレエ』を混同して、間違った解釈をしてしまっている日本の保護者のみなさんがたくさんいます。



日本のみなさんの一般的な見方よりも確立された分野であることを十分理解しておきましょう。​​​​

BLOG

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© All Rights Reserved by Larry's School of Ballet.

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は固くお断りします。

Copyrights