ハンブルグバレエ学校

学校紹介 ハンブルクバレエ学校

【スクールについて】

1978 年、ハンブルクバレエ団の付属校として設立されました。ハンブルクバレエ団の芸術監督兼首席振付家であるジョン・ノイマイヤーが校長を務めています。
設立当初はハンブルク州立歌劇場でレッスンが行われ、1987年から1989年にかけて、以前女子中学校だった校舎をバレエ学校に改築し、そこに移転しました。この校舎はハンブルグの有名な建築家フリッツ・シューマッハーの設計によるもので、9 つのスタジオを備えて改装されました。建物内には寄宿舎もあります。

【学校名】

School of the Hamburg Ballet John Neumeier
ハンブルクバレエ学校

【場所】

ドイツ・ハンブルク

【クラス編成】

・プリスクール 7 ~ 9 歳
・インターミディエイトクラス 10 ~ 16 歳
・シアター クラス 16 ~ 18 歳

【カリキュラム】

パ・ド・ドゥ
ポワントワーク
クラシックとコンテンポラリーのヴァリエーション
ノイマイヤーのレパートリー
モダンダンス
キャラクターダンス
ピラティス
振付構成
解剖学
音楽理論
ダンスの歴史

【パフォーマンス】

・1980 年以来、ハンブルク州立歌劇場で全生徒による「First Steps」を上演。

・最終学年の学生は、自分の作品を演出。振付以外にも音楽、照明、衣装、全ての演出を生徒たちで行います。

・ローザンヌ国際バレエコンクールのパートナー校です。

【留学対象のプラグラム】

11歳〜18歳

【オーディション方法】

写真、ビデオオーディション

【学費】

詳しくは、バレエ学校公式ウェブサイトから。

Scroll to Top