モナコ王立グレースバレエ学校

学校紹介 モナコ王立グレースバレエ学校

【スクールについて】

フランス南部、地中海に面して、回りはフランスに囲まれ、イタリアとの国境にとても近い場所がモナコ公国です。
1975年、モナコに高いレベルのバレエ学校を設立したいというグレース公妃とレーニエ3世の願望を受けて設立されました。バレリーナでバレエ教師のマリカ・ベソブラゾヴァが亡くなるまで34年間校長でした。
1985年、グレース公妃の意志を受け継いだハノーファー王子妃カロリーヌによりモナコ公国モンテカルロ・バレエ団は設立されました。
1993年、ジャン=クリストフ・マイヨーがモンテカルロ・バレエ団の芸術監督に就任しました。
2009 年、カロリーヌ公女はマイヨーの推薦により、ルカ・マサラを校長に任命しました。その目的は、バレエ学校のプレ・プロフェッショナルを強化し、13 歳から18歳までのトレーニングを完璧にすることです。これによりバレエ学校を修了すると海外のバレエ団に入団できるようになります。
2000年以来、マイヨーはカロリーヌ公女主宰でモナコ国際ダンスフォーラムを開催しています。世界中の振付家やダンサーが交流するダンス・フェスティバルです。
2011年にはカロリーヌ公女のもとモンテカルロ・バレエ団、モナコ国際ダンスフォーラム、そしてモナコ王立グレースバレエ学校が同じ組織として運営されています。このプロセスにより、バレエ学校の生徒はバレエ業界に精通し、国際的なアーティストと交流し、モナコの重要な文化イベントを体験することができます。

【学校名】

Princesse Grace Academy
モナコ王立グレースバレエ学校

【場所】

モナコ公国

【クラス編成】

プロフェッショナルプログラム 13歳〜18歳

【カリキュラム】

クラシックバレエ
パドドゥ
ヴァリエーション
ポイントテクニック
コンテンポラリー
キャラクターダンス
コンポジションレッスン
ピラティス、フィジカルトレーニング
音楽
コールドバレエのレッスン
ダンスの歴史
美術史

【パフォーマンス】

パリ・オペラ座、グリマルディ・フォーラムやオーディトリアム・レニエ3世などで毎年数回の公演。
シーズンの終わりにモナコ・オペラ座にて公演。

ローザンヌ国際バレエコンクールのパートナー校です。

【留学対象のプラグラム】

13歳〜18歳

留学生のためにフランス語と英語のクラスも提供しています。

【オーディション方法】

・プライベートオーディション
・ビデオオーディション

【入学時期】

随時

【学費】
モナコ王立グレースバレエ学校の公式ホームページ

【サマーインテンシブ】

2022〜2023シーズンは13歳〜17歳。
事前に書類審査あり。

Scroll to Top