縫工筋を理解する: 解剖学と機能

縫工筋は太ももに沿って伸びる細長い筋肉です。 大腿四頭筋群を構成する 4 つの筋肉の 1 つで、人体で最も長い筋肉です。 この記事では、縫工筋の解剖学と機能について説明します。

縫工筋の解剖学

縫工筋は、骨盤の上前腸骨棘 (ASIS) から始まり、太ももの前部に沿って走っています。 次に、膝関節を横切り、脛骨の内側表面に挿入します。 その斜めのコースのために、縫工筋は「仕立て屋の筋肉」と呼ばれることがあります。

縫工筋の機能

縫工筋には、次のようないくつかの機能があります。

  • 股関節の屈曲と外転: 縫工筋は主要な股関節屈筋の 1 つであり、脚を身体に向かって持ち上げるのに役立ちます。 また、体の正中線から足を離す動きである外転を補助します。
  • 膝関節の屈曲と横方向の回転: 縫工筋は膝関節を屈曲させ、かかとを臀部に近づけるのにも役立ちます。 また、体の正中線から下肢を遠ざける動きである膝関節の外側回転にも関与しています。
  • 骨盤の安定化: 縫工筋は、股関節と膝関節の動きの際に骨盤を安定させるのに役立ちます。

縫工筋に関連する損傷および状態

縫工筋は、酷使や外傷によって緊張したり、損傷したりすることがあります。 縫工筋の緊張の症状には、筋肉に沿った痛みや圧痛、腫れ、脚の動かしにくさなどがあります。 治療は通常、安静、冷却、圧迫、挙上(RICE)を行い、炎症を軽減し、治癒を促進します。

まれに、縫工筋断裂と呼ばれる状態が発生することがあります。これには、筋繊維の断裂が含まれます。 これは通常、修復するために外科的介入が必要です。

縫工筋のストレッチと強化のエクササイズ

ストレッチと強化のエクササイズは、縫工筋の柔軟性と強さを改善するのに役立ちます。 演習の例としては、次のようなものがあります。

  • ザルトリウス ストレッチ: 地面に座り、片方の脚をまっすぐ前に伸ばし、もう一方の脚を膝で曲げます。 曲げた脚の足にタオルまたはベルトを巻き付け、太ももの前部が伸びるのを感じながら、ゆっくりと身体に向かって引っ張ります。
  • ランジ: ランジは、縫工筋を強化するのに最適な方法です。 足を腰幅に開いて立ち、片足を前に踏み出し、膝を曲げて体を地面に向けて下げます。 開始位置まで押し上げ、もう一方の脚で繰り返します。
  • レッグレイズ: 仰向けになり、足を前にまっすぐ伸ばします。 片足を天井に向かって持ち上げ、まっすぐに保ち、ゆっくりと床に戻します。 もう一方の脚で繰り返します。

結論

縫工筋は、股関節と膝関節の動きと安定性に重要な役割を果たしています。 この筋肉の構造と機能を理解することは、パフォーマンスの向上と怪我の予防に役立ちます。 縫工筋に痛みや不快感を感じた場合は、医師の診察を受け、適切な治療計画に従うことが重要です。

error: Do not copy!
上部へスクロール